“斧”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おの81.4%
をの15.0%
よき1.8%
1.2%
アックス0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
音楽の波が下がって行く時に戦もゆるむように思われた。をふるう勇士が、皆音楽に拍子を合わせているように思われた。
春寒 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
は、今日田舍農夫に、けてゐるように、きっと刃物つてゐたものとひます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
真中に際立って、袖も襟もえたようにっているのは、、琴、菊を中形に染めた、朝顔の秋のあわれ花も白地の浴衣である。
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
李逵の一が、馬の脚を払った。また間髪を入れず、ころげ落ちた直閣の体へ、次の一っていた。噴血、ひとりもあろうはずがない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……先登山案内は必死に岩鼻にしがみついていますが、もう三人を支える力がない……。最後の奴はしきりに足場を刻もうとしていますが、は壁へ届きません。