“戦斧”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんふ50.0%
せんぷ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“戦斧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また、歩兵用戦斧せんふをはじめに、洋剣サーベルの類も各年代にわたっていて、ことに、ブルガンディ鎌刀やザバーゲン剣が珍奇なものだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
一個の男は黒色のほうを着て戦斧せんぷをひっ提げ、次の大男は赤地金襴きんらん戦袍せんぽう卍頭巾まんじずきんといういでたち。また三番目の野太刀を持ったひょろ長い男は緑衣りょくいであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)