葛飾砂子かつしかすなご
縁日柳行李橋ぞろえ題目船衣の雫浅緑 記念ながら 縁日先年尾上家の養子で橘之助といった名題俳優が、年紀二十有五に満たず、肺を煩い、余り胸が痛いから白菊の露が飲みたいという意味の辞世の句を残して儚うなり、贔屓の人々は謂うまでもなく、見巧者をはじ …
作品に特徴的な語句
しまい 憂慮きづかわし 頬冠ほおかぶり 歩行あんよ づかれ はか 湿しめり ちらば 斜向はすかい おとな 落籍ひく ならい ゆれ ゆかし とこ 怪訝おかし てめえ 水溜たまり 緩々ゆっくり 此処このところ 引被ひっか いわれ はかの とめ さみ ともし 莞爾にこ はじ くるしみ 筋違すじちがい とこ あたら すき すき ばい しぼ とおり つつ にげ 草書はしりがき かぶり しま そびら ひや まつわ 褞袍どんつく とん 平日いつ ほど しん 嬰児みどりご じゅ また おき おそれ むき つかま かけ おなじ さげ 新造もの あかる めえ きれ こう なり 遠方おちかた つむり 顔色かおつき つっ 蝸牛まいまいつぶろ ふり 嬰児あかんぼ づくり はさま にごり ぬら ざき あわれ はり 扮装なり 息切いきぎれ 夜更よふか わし うしろ くびす おもい あやし ともしび 点滴したたり さわぎ 下伏したぶし むかい まろ おぶ