“迎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むか72.6%
むかえ10.1%
むかい5.3%
むけ3.8%
むかひ2.9%
むかへ2.4%
むかふ1.0%
むけえ0.5%
むかふる0.5%
もら0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吉坊は、両手にのせて、ちゃんがあちらへゆけば、その見送り、こちらへくればまたさずに、えていました。
父親と自転車 (新字新仮名) / 小川未明(著)
(我慢なさい。こんな事をしていちゃ、生命にも障りましょう。血の池でも針の山でも構わず駈出して行って支度してに来ます。)
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三人のは来ていたが、代助はつい車をえて置くのを忘れた。面倒だと思って、嫂のけて、茶屋の前から電車に乗った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
音「繁右衞門殿の宅で二十三回忌の法事があるんで、ア旦那様も往くんだが、うか尼さんにもというのでえにったのだ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此樣な時に、もしから誰かに來て呉れたら、自分は何樣なにしかツたか知れぬ。併し其樣な事を幾ら考へてゐたツて無駄だ。
水郷 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
雪九月末よりはじめて雪中に春を、正二の月は雪し。三四の月にりて次第に、五月にいたりて雪全く夏道となる。
いづれの家にても雪は家よりもゆゑ、春をる時にいたればこゝろよく日光を引んために、をとる処のる雪を他処へ取除るなり。
でえ阿魔だ、夕飯やうありやしねえなんてな、りでぐうづ/″\つてな、そんで與吉こと何遍つてな、さうすつとあの與吉野郎また、饂飩つてよこすとう
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一里日見峠なり。険路にして天下の跋渉家九州の箱根とく。山を下るとき撫院を迎ふるもの満路、余が輩にいたりても名刺を通じてもの百有余人なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
お前のく唯継だつて、より所望でお前をふのだから、当座は随分愛しも為るだらうが、それが長く続くものか、が有るから好きな真似も出来る、に気が移つて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
戦争中の縁談もおかしいが、とにかく早く奥様をびなさるのだね。どうです、旦那は御隠居と仲直りはしても、やっぱり浪子さんは忘れなさるまいか。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)