それから
誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下っていた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退くに従って、すうと頭から抜け出して消えてしまった。そうして眼が覚めた。 枕元を見ると、八重の椿が一輪畳の上 …
作品に特徴的な語句
ブリス なっ ちっと まぼ 先方さっき 何方どっか 失敗しくじっ ひっ ことご はずれ よしみ ハート あっ 流行はやっ さっ つら はばから いい むき したたり むかい こげ 先方さきがた おり わずらい くるい じか おっし かたじけの 幻像イリュージョン すたり 失敗しくじる どや そら こご もとづ あせ あや 相応うつ 分明ふんみょう あて なんに たっ なら あき 彼女かのおんな せわ やすら ぬきん よう そら じき かむ しょ 退 たべ あやまち おろ うわ いじく 蒼白あおしろ あにき きき 翌日あくるふ ひやや しずか はじ 見付めっか 祖父じじ かつ たった ほて ためし 上下しょうか なら つぶや 木履くつ ある はぐ 打衝ショック つづ もと たい つか がわ ひね 御前おまい くゆ ひそか せつ
題名が同じ作品
それから (新字旧仮名)夏目漱石 (著)