それから
誰か慌ただしく門前を馳けて行く足音がした時、代助の頭の中には、大きな俎下駄が空から、ぶら下っていた。けれども、その俎下駄は、足音の遠退くに従って、すうと頭から抜け出して消えてしまった。そうして眼が覚め …
作品に特徴的な語句
歯痒はがゆ 愚弄ぐろう 紫檀したん 海月くらげ 詰問きつもん なみ 木蔭こかげ 芍薬しゃくやく 午過ひるすぎ 胡麻化ごまか 合槌あいづち 斡旋あっせん 鞭撻べんたつ 板塀いたべい 紺絣こんがすり 梶棒かじぼう 権柄けんぺい 護謨ゴム 神楽坂かぐらざか 唐草からくさ 困憊こんぱい 稀薄きはく 回向院えこういん 脊中せなか 屈托くったく 御蔭おかげ 堅気かたぎ 日盛ひざかり 関聯かんれん 灰汁あく 遮断しゃだん 咀嚼そしゃく 手数てかず 鳶色とびいろ 真逆様まっさかさま 讒訴ざんそ 花弁はなびら ともえ 厭世えんせい 書肆しょし 海嘯つなみ 胡魔化ごまか 醗酵はっこう 蹉跌さてつ 麦藁帽むぎわらぼう 嗅覚きゅうかく 手蹟 目論もくろん 両人ふたり 猶更なおさら 友誼ゆうぎ 湯呑ゆのみ 早稲田わせだ しおり 神保町じんぼうちょう 比喩ひゆ 虐待ぎゃくたい 解脱げだつ 真平まっぴら 緒口いとくち 遊蕩ゆうとう くだ 点綴てんてつ 烟草たばこ 纏綿てんめん 曝露ばくろ なます 蒼黒あおぐろ 表向おもてむき 生甲斐いきがい 生際はえぎわ 蹴込けこみ 遠退とおの 馬糞まぐそ 紺青こんじょう 四隣あたり みね 色沢いろつや 逍遥ぶらつ 侮辱ぶじょく 酩酊めいてい 隠蔽いんぺい 手焙てあぶり 烟管きせる 痕迹こんせき 使嗾しそう 硬張こわば 木下闇こしたやみ 煮染にじ 白百合しろゆり 糠雨ぬかあめ 茶箪笥ちゃだんす 薄紅うすくれない 独身者どくしんもの 世帯しょたい 懸崖けんがい 地金じがね 夜明よあかし
題名が同じ作品
それから (新字旧仮名)夏目漱石 (著)