“較”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くら85.5%
3.2%
やや1.6%
かく1.6%
たぐ1.6%
くらべ1.1%
こう1.1%
なら1.1%
クラ1.1%
ややもす0.5%
0.5%
0.5%
やゝ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
更に面白いことには、この地変は一地点に止らず、最大隆起の場所が、活動の初期にべて、漸次北の方へ進行して行ったのである。
天地創造の話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
『魯文珍報』は黎明期の雑誌文学中、や特色があるからマダシモだが、『親釜集』が保存されてるに到っては驚いてしまった。
鴎外博士の追憶 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
朝鮮の俘虜を囚へこめしところのあとといふも、夏草の生ひ茂るにまかせ、うばら、からたち、もすれば足をるの隙なからむとす。
松浦あがた (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
彼慨然として答えて曰く、「時宗、秀吉はに及びからず、れども義律伯麦馬里遜陋夷の小才のみ、何ぞするに足らんや」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
その翼広げたる大きさはうべし。野衾と云うは蝙蝠百歳を経たるなり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
赤人の此歌とれば赤人の歌ほどには行かぬのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
そうしてなお位田と位禄の対比から、「一町を封八戸したる(1)」ことを認めている。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
けれども、貧弱な日本が、欧洲の最強国と、財力にて肩をべる日の来るまでは、この平衡は日本に於て得られないものと代助は信じていた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……ツイテハ、高家御秘蔵ノ宝刀ト、貴下ノ愛刀トヲ、一ベ合ッテ鑑賞ヲ共ニシタシトノ高閣下ノ御希望デアル。依ッテ、明日改メテ迎エノ使者ヲ出ス故、御携来ウ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
うに彼からその短所を知りたるか。彼は四角なるフランクリンなり、彼は主我的にして、れば究屈なる諸葛孔明なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
昔ながらの松明覚束なき光に見廻はせば、寡婦らしの何十年に屋根は漏り、壁は破れて、幼くて引き取られたる頃に思ひらぶれば、いたく頽廃の色をぞ示す
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
室に入り来てまず四周と人々を見廻し地板に坐り両掌を地板にせ、また諸方に伸ばして紙や麪包小片を拾い嗅ぐ事猴のごとし、この児痩形にて十五歳ばかりこの院に九年めり
世界大戦後の好景気の余波と震災後の復興気分とが、し時代相応の享楽世界をし出してゐたが、晴代が銀座で働かうと思ひ立つた頃のカフヱは下り坂だと言つた方がよかつた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)