“醸”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
かも95.3%
2.8%
つく0.9%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただにして居ったばかりでは単に無聊に苦しむというよりも、むしろ厭やな事などを考え出して終日不愉快な事をすようになる。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
而して彼等店主は其夜、館林警察署へ出頭して時ならぬ混雑をもせり。是れ亦た余が多くの口より同音に聞取したる所なり。
鉱毒飛沫 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
これは腐敗しかけてゐるのだ。これはちまけて、新しくり直すがよい。と、申しました。諸君、も此の四聖の言葉は……
愚助大和尚 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
少彦名神になつて、皷をうち、歌をうたひ、舞ひの動作をくり返し、臼を廻り乍ら、米を噛んでは、み臼に吐き入れ/\して、人柄の転換して了ふほどにひ祝福して造られたのであつた。
「砂糖を入れないでもやっぱりきます。」
柳沢 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)