“吟醸”の読み方と例文
読み方割合
ぎんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前日からきこめた百珍の料理は銀盤に盛られ、酒も家蔵の吟醸幾壺となく持ち出して、客の前において封を切るばかりに用意していた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ところが、てまえどもの酒は、看板にいつわりなしの上々の吟醸。コクのある地酒ってんで評判物です。どうかそのおつもりでお過ごしを」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いや元禄にはいっては、もうその吟醸の適度をこえ過ぎて、腐敗に近づき、麻痺と狂酔に世をつつんでいた。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)