“つく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツク
語句割合
23.5%
15.6%
12.5%
8.7%
4.8%
4.7%
4.4%
3.7%
2.9%
2.3%
1.6%
1.2%
1.0%
創造1.0%
0.7%
0.7%
0.5%
0.5%
製造0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.3%
0.3%
化粧0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
料理0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
0.1%
0.1%
仮装0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
建設0.1%
建造0.1%
扮装0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
相作0.1%
0.1%
粧装0.1%
耕作0.1%
0.1%
0.1%
製作0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
都久0.1%
醸造0.1%
醸酒0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうだ、これをせてやろう。そして、りこうなはちが、どうしてり、また子供てるのに苦心するかをえてやろう。
ある夏の日のこと (新字新仮名) / 小川未明(著)
可笑可憐なる事可怖き事種々さま/″\しがたし。やう/\東雲りて、水もたりとて諸人安堵のおもひをなしぬ。
勘次畦間りあげてそれから自分しく大豆めた。勘次間懶つこいおつぎのもとををひよつといた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ホイットマンに詩人がいなかったならば、百のエマソンがあったとしても、一人のホイットマンをり上げることはできなかったのだ。
想片 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しかし純忠の志を地下にし、純誠の情涙を塵芥裡に埋めて、軽棄されたる国粋の芸道に精進し、無用の努力として世人に忘却されつつ
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
しかしわたくしは抽齋の病状をしてゐて、その虎列拉たることを斷じたが、米庵を同病だらうと云つたのは、推測に過ぎなかつた。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
左樣不肖ながら、櫻木畢世して、帝國海軍めに、前代未聞有力なる軍器製造着手してるのです。
一つの美味あれば、一家擧げて共にし、衣服をるにも、必ず善きものは年長者にり、自分勝手へず、互に誠を盡すべし。
遺教 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
こう云った叔父は無言の空虚を充たすために、煙管灰吹を叩いた。叔母も何とかその場を取りろわなければならなくなった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
もともと、僕のみからして、あの亡霊の顔りに、沙翁の顔を引き写したのですが、それが廻転している、幡江の眼を誤らせたのでしょう。
オフェリヤ殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
さりとは外見を捨てゝ堅義を自慢にした身のり方、柄の選択こそ野暮ならね高が二子の綿入れに繻子襟かけたを着て何所に紅くさいところもなく
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
 けだし彼の禾稼を見るに、春種し、夏苗し、秋刈り、冬蔵す。秋冬に至れば人みなその歳功の成るを悦び、酒を造りり、村野歓声あり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
それにつけても、これがわたしの精一つぱいのおりなんだと思ふと、妙に身窄らしく自分の肩のあたりが眺められる。
散歩 (新字旧仮名) / 水野仙子(著)
一日じゅうそんなことをしている。ところで君、こんな獣がなんで必要なのかね。なんのために創造られたのかね。
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「お昼寝もなさらずに、御丹精あそばすので、邸では、お汁のや漬物は、みんなお母あ様のった物で足りておりまする」
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
えますとも、乾溝背後がずらりと垣根で、半分れた這出してます。に、ねた黒土から蒸氣つやうなるんですよ。
艶書 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
其方儀主人何程申付候共又七も主人の致方有之べき處主人又七にさへ不義の申を致さんとせし段不屆至極に付死罪
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あるいは枯山をして変えて青山にす。あるいは黄なるをして変えて白き水にす。種々しき術、して究むべからず。
『そんなら、それはから製造られるの?』とちやんはさも物珍らしさうにねました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
「勝手にしろ。山を降りれば何かあるに相違ない。何かに付いてれば、どこかの村にっている。汝等ごとき懦弱漢はかえって手足いだ。帰れ帰れ」
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
不孝の子は、ただ慈父これをみ、不弟の弟は、ただ友兄これをす。定省怡々膝下の歓をわず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
之をして仕舞はねばならぬのである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
殺さば殺さるゝ其條目はれ難し如何はせんと計りにて霎時思案たるがやう/\思ひことありてや一個點頭有司に命じ庄兵衞の母お
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「今度の分工場ってのは、とても大きいらしいんだ。そら、甚吉さんのっている畠のところに、川に沿うて桑畠があるな。なんでもあそこらしいって話だぞ。」
都会地図の膨脹 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
その証拠には、あんなせわしい間に、いつのまにか顔を化粧って、大がらな浴衣に小柳の帯を千鳥に結んでいますが、それは門に出た時の乱れたものではありません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先づ第一に叔母様などは東京を如何にか賑かな処と思つて、そろ/\と自分の眼で自分の景色をつて居なさるだらうが、実地見ると必定その想像の違つて居たことに驚かれるだらうと思ふ。
夜の赤坂 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
世間の眼をくらますために、神尾喬之助は、から服装の細部まで、右近と全く同じにっているのだから、二人いっしょにいるところを見られない限り、近所の人もしまずにいるのだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しけるに吉原の第一の妓樓にて京町の三浦屋に米搗の口有り一ヶ年給金三兩にて住込日毎に米をを以て身の勤めとはなしにける然るに物き傳吉は鄭聲音曲洞房花燭しみを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これをに雪を木鋤を用ふ、力にまかせて擢ゆゑににあがる㕝甚高し。かやうに大なる羽子ゆゑにはまじらず、あらくれたる男女うちまじり、はゞきわらぐつなどにて此戯をなすなり。
庭のまん中から作つて行つたら滅多にかたがつくことがない。魚を料理るにまん中から庖丁を入れることは、料理ることを知らない人のすることである。腹や頭から庖丁を入れねばならぬ。
冬の庭 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
三村屋安右衛門の顔には、絶望の色が濃い蔭をります。
藤次は遊蕩の気分をるために、道化た手ぶりをして
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
に其場へ切たり斯て兩人はホツと一處へお里も來り其所に御は父樣かといふ聲てオヽお里か能マア無事でと親子三人怪我のないのを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し更にたる心地もなくを見合せ思ひ/\に神佛溜息ばかりなり風は益々く船を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
諾児汝に恋ふなもなへ行けばしかるなも (同・三四七六)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
の児ろと宿ずやなりなむはた薄裏野の山に片寄るも (同・三五六五)
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
因つてふ、孔子泰山の歌、後人假託之をれるならん。檀弓の信じきこと此の類多し。聖人を尊ばんと欲して、つて之がを爲せり。
而かも其の聖人に及ばざるも亦此に在り。聖人は平生の言動一として訓に非ざるは無し。而て※するにみて、未だ必しも遺訓をらず。死生ること眞に晝夜の如し、くる所無し。
るほどこのなら少女姿仮装られてもさして不思議はない……。』失礼とはじながらはそのでそうじたことでございました。
亀甲結城茶博多の帯を甲斐の口に、渋く堅気にった三次、夜が明けるが早いか亀安の暖簾を潜った。
なお播磨国風土記の賀毛郡雲潤里の条に丹津日子神が『吾れ宍ノ血を以てる故に、河の水を欲せず』
暇日開宴迎客傾 暇日 き 客をえて
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
情にもろいこと、涙もろいこと——それがりものでないだけに缺點だともいへる。
下町娘 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
自分たちでつたものを自分たちで破壞し、無警察無秩序の暗黒へもあまんじて自ら驅りこむ危險性を多分にもつてゐるものだといふことである。
折々の記 (旧字旧仮名) / 吉川英治(著)
「何うせ、人生ツてものは淋しいものさ。不幸なことを謂や僕なんか随分………」と謂ひかゝツて、ふと口をむでお房は氣の無い顏で外の方をめてゐる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
逃げたって女一人で淋しい道中は出来ねえからな、ア此の床の中へって頭から掻巻って、ウフヽヽなんでると、女子は知んねえからこけえ来る、中へおんなさいましと云ったところで
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大東京を建設る人たちなのだ。
東京に生れて (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
本機は特に長時間飛行のため建造られ、キャビンの通風煖※照明等すべて最も近代的デザインになる。
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
かといって変に細工をして扮装りゃあかえって人眼につくしさ、さんざ考えたあげくのはてが、この旅人すがたと洒落たんでございます。どうです、似合いましょうヘヘヘ
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
この位美しい女に、誘惑された以上、男として手をねていることはないと思ったので、一緒た。割合い広い家なのに、家人は一人もいない。
女強盗 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
きちんと坐り込んで莨をっていた父親が、いきなり起ち上ると、子供の着物や母親の襦袢のような物を、両手でって、ジメジメした庭へねてり出した。庭には虫の鳴くのが聞えていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
創世記の第九章には「爰にノア農夫となりて葡萄ることを始めしが、葡萄酒を飲て酔ひ天幕の中にありて裸になれり」
可愛い山 (新字新仮名) / 石川欣一(著)
燕王はめ景隆を吾が堅城の下に致して之をさんことを期せしに、景隆既にに入りりぬ、何ぞを放たざらんや。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
胸痛きまでの悲しさ我事のように鼻詰らせながら亭主に礼いておのが部屋れば、気がは床の間に二タ箱買ったる花漬脱ぎかえてりと横になり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
然してその兄高田を作らば、汝が命は下田りたまへ。その兄下田を作らば、汝が命は高田を營りたまへ一七。然したまはば、吾水をれば、三年の間にかならずその兄貧しくなりなむ。
その後で余党をしてみせる! ……俺ばかりではない、敵は多いぞ! 北条のご前に用心しろ! 岡っ引の松吉に用心しろ! 貴様にとってはみんな敵だ! が
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここに大國主の神愁へて告りたまはく、「吾獨して、如何かもよくこの國をえ作らむ。いづれの神とともに、はよくこの國を相作らむ」とのりたまひき。この時に海をらして依り來る神あり。
して小脇抱込お島にひサア汝言はぬかぢや言ぬと此槍が其の美しきに御見舞申すぞ是でも言はぬか/\と既にべき勢ひゆゑ安間平左衞門は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御殿女中上りの老婢に粧装られる二人の厚化粧に似合つて高々とひ上げた黒髪の光や、秀でたが今日は一点のをも施さない面立ちを一層品良く引きしめてゐる。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
加うるに南軍は北軍の騎兵の馳突に備うる為に塹濠を掘り、塁壁を作りて営とすを常としければ、軍兵休息のく、往々しく人力をすのありて、士卒困罷退屈の情あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そを見るに橘樹の小さなる、指頭ほどあるを、細やかにりなせり。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
老爺さん、のは、は、木像だ、製作つた木彫なんだ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ての文学者消費する筆墨料徴収すれば慈善病院三ツ四ツをる事してきにあらず、ての文学者喰潰蓄積すれば百度饑饉るともるゝにらざるべく
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
母親の言ったりごとを真に受けて、あの十二月の初め寒い日に、山科在所という在所を、一日重い土産物などを両手にさげて探し廻ったこと、それから去年の暮のしかも二十九日に押し迫って
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
侍中の王粲は、曹操の徳をした長詩をって、これを侍側の手から彼に見せたりした。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まるで旦那は口い利かれない、只今上げます/\命はお助け、命だけは堪忍して呉れと云うと、命までは取らぬ、金さえ出せば帰るから金え出せと云うので、其処なんでしまっただ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
測らず 跬歩敢て忘れん慈父の訓 飄零げて受く美人の憐み 宝刀一口良価を求む 貞石三生宿縁を証す 未だ必ずしも世間偉士無からざるも 君が忠孝の双全を得るに
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
次に平群都久の宿禰は、平群の臣、佐和良の臣、馬の御樴の連等が祖なり。次にの宿禰は、木の臣、都奴の臣、坂本の臣等が祖なり。
「都合さへよければ、この秋ごろから醸造りはじめられるだらうと思ひますんで。聖母祭にやあ、村長殿が千鳥足でもつて往来に独逸風の輪麺麭の形を描かれることは、まづ賭をしてもようがすて。」
どこの寺でも、「葷酒山門ニ入ルヲ許サズ」は、法城のみたいになっているが、この天野山金剛寺では、坊舎で酒を醸酒っている。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即ち烈公が梵鐘ちて大砲をりたるも、甲冑にて追鳥狩を企てたるも、みなこの同時なりとす。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
玄徳には一種の容態をる好みがあるらしい。よく珍しい物でを結い、珠をかざる癖があるので、それをとがめたらしいのである。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)