本州横断 癇癪徒歩旅行ほんしゅうおうだん かんしゃくとほりょこう
不思議の血=懦弱と欲張=髯将軍の一喝=技手の惨死=狡猾船頭=盆踊り見物=弱い剛力=登山競走=天狗の面=天幕の火事=廃殿の一夜=山頂の地震=剛力の逃亡=焼酎の祟=一里の徒競走=とんだ宿屋 この奮励努力す …
作品に特徴的な語句
峻烈しゅんれつ 韋駄天いだてん 下野しもつけ 銅鑼どら 首途かどで 鞭撻べんたつ 血汐ちしお 手足てあし 渾身こんしん 不忍しのばず 馬士まご 轟然ごうぜん 生血いきち 猿臂えんび 賜物たまもの 腕車わんしゃ 胡魔化ごまか どじょう 焼酎しょうちゅう 寒気さむけ 左程さほど 用捨ようしゃ 甲斐甲斐かいがい 新手あらて かつら 薨去こうきょ 真平まっぴら 突如いきなり 足跡そくせき 一眸いちぼう のき 叱咜しった 馬糞うまくそ 大雨たいう 文言もんく 起上おきあが 真先まっさき 頂辺てっぺん 狂気きちがい 寝惚ねぼ 小山おやま 山巓さんてん 済度さいど 好奇ものずき 孔明こうめい 獅子吼ししく 駄洒落だじゃれ 髯面ひげづら 昔時むかし 国境くにざかい 所在ありか 亜弗利加アフリカ 懶惰らんだ 握飯にぎりめし 波打際なみうちぎわ 逆様さかさま 軽佻けいちょう 亭々ていてい 大風たいふう 汲々きゅうきゅう 急足きゅうあし 向脛むこうずね 雑嚢ざつのう 見聞けんもん 瀑布たき 取極とりき 掻込かっこ 真桑瓜まくわうり 磐城いわき 洋服ふく 閉籠とじこも 昼飯ひるめし 上戸じょうご 井伊掃部頭いいかもんのかみ 躯幹くかん 皇子おうじ 祭文さいもん 面付つらつき 先登せんとう そその 空惚そらとぼ 開放あけはな 木精こだま 勃々ぼつぼつ 目醒めざ 身長みのたけ 土鼠もぐらもち 懸声かけごえ 直江津なおえつ 駆落かけおち 光線ひかり 堆高うずたか 有福ゆうふく 吾輩わがはい 巌角いわかど 古寺ふるでら 懦弱よわ 風雨しけ 白馬どぶろく 淫猥いや