本州横断 癇癪徒歩旅行ほんしゅうおうだん かんしゃくとほりょこう
不思議の血=懦弱と欲張=髯将軍の一喝=技手の惨死=狡猾船頭=盆踊り見物=弱い剛力=登山競走=天狗の面=天幕の火事=廃殿の一夜=山頂の地震=剛力の逃亡=焼酎の祟=一里の徒競走=とんだ宿屋 この奮励努力すべき世の中で、ゴロゴロ昼寝などする馬鹿が …
作品に特徴的な語句
すわり つく 甘味あまき しょう とう 十分したたか おろ おり 突出つきい あま 太陽おてんとう ばし そその ねがわ しゃあ いづ とま いずれ うるお じん つかま 何人なにびと かたわら づら ばら 大風たいふう こす 歩行あゆみ おおき 塵埃ちりほこり 遅々ぐずぐず 道理ことわり よこ 巌角いわ あつま 南方みなみかた あし 渓谷たにま あた ことな うごか やっこ 寒気さむさ もと まいる のど とつ あい ばなし 見合みあわ 洋服ふく 白馬どぶろく なり 査公おまわり うしろ 清泉いずみ 前途さき 突出とっしゅつ 文言もんく せい よじ あきら あが 胸突むねつ 翌日あす まく 馬糞うまくそ 暗示しらせ 暫時しばし 食物しょくもつ 田畑でんばた うち ひと 風雨しけ あるい しな おち そうら くわ すさ 懦弱よわ にくし やが 急足きゅうあし もうけ 頬被ほおかむ 胸突むねつき おど 掻込かっこ つまづ もも 腕車わんしゃ