“塹濠”の読み方と例文
読み方割合
ざんごう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いきなり傍の塹濠の中から、真黒に日焼けして眼ばかりぎよろつかせてゐる兵士が二三人、ぱつと躍り出して、銃を低く伏せたまま、まつしぐらに走り去つた。
少年 (新字旧仮名) / 神西清(著)
加うるに南軍は北軍の騎兵の馳突に備うる為に塹濠を掘り、塁壁を作りて営とすを常としければ、軍兵休息のく、往々しく人力をすのありて、士卒困罷退屈の情あり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
午後は又一君の案内で、アイヌの古城址なるチャシコツを見る。㓐別川に臨んだちょっとした要害の地、川の方は断崖になり、はザッとしたものながら、塹濠をめぐらしてある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)