“古城址”の読み方と例文
読み方割合
こじょうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両神山古城址のような形をした肩のところに夕日は落ちて、いつもそこからいろいろな雲がわきあがった。右には赤城から日光連山がをなして続いた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
午後は又一君の案内で、アイヌの古城址なるチャシコツを見る。㓐別川に臨んだちょっとした要害の地、川の方は断崖になり、はザッとしたものながら、塹濠をめぐらしてある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
私はこの古城址に遊んで、君なぞの思いもよらないような風景を望んだ。それは茂った青葉のかげから、遠く白い山々を望む美しさだ。日本アルプスの谿々の雪は、ここから白壁を望むように見える。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)