“両神山”の読み方と例文
読み方割合
ふたかみやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
両神山古城址のような形をした肩のところに夕日は落ちて、いつもそこからいろいろな雲がわきあがった。右には赤城から日光連山がをなして続いた。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)