“多賀城址”の読み方と例文
読み方割合
たがじょうし100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多賀城址たがじょうしなど、次第に遠方にまで探索の足をのばし、とうとうる二日つづきの休みを利用して、日本三景の一
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)