“多賀井又八郎”の読み方と例文
読み方割合
たがいまたはちろう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
慎九郎は主水の弟、多賀井又八郎たがいまたはちろうの妻子を捉えに行き、大分武勇を示したというのだ。そればかりか、慎九郎ときいとは、互いに父となり母となっていた。子供は今年二歳だという。
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)