“多賀谷”の読み方と例文
読み方割合
たがだに100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
畑村の境から茗荷谷みょうがだに多賀谷たがだに、それから地蔵前じぞうまえ。法輪寺で昼食して、鎮守八島神社やしまじんじゃに参詣した時に純之進は芝居の板番付が新しく奉納額として懸っているのを見出した。
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)