“多賀家可母多牟”の読み方と例文
読み方割合
タカケカモタム100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
結句多賀家可母多牟タカケカモタムは、「手カケカモタム」(仙覚抄)、「高キカモタムニテ、高キハ夫ナリ。夫ハ妻ノタメニハ天ナレバ高キト云ヘリ」(代匠記)等と解したが、大神真潮おおみわのましおが、誰笥歟将持タガケカモタムの意に解し、古義で紹介した。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)