討たせてやらぬ敵討うたせてやらぬかたきうち
◇ 寛永十六年四月十六日の早朝。陸奥国会津四十万石加藤式部少輔明成の家士、弓削田宮内は若松城の南の方で、突然起った轟音にすわと、押っ取り刀で小屋の外へ飛び出した。この日宮内は頭痛がひどいので、小屋に引き籠って養生していたのである。 宮内は骨 …
作品に特徴的な語句
おみ はと しゅつ すこし きわま しろ 焦慮あせり 見損みそくね 汝達おみたち ぜめ いつ ばか はた きび いら おびや しゃ 何処いずく まばら 物憂ものうれ きらめ 歴々れきれき あらた 息忙いきせわ うしろ やわら 商人あきうど にわとり ざや 門田もんでん ほま なじ 細作しのび 目利めき あて かぶと ことわり みぞ 武士もののふ ちょう 斬殺ざんさつ さしはさ のち 彼奴きゃつ 家中かちゅう 大兵たいひょう まさ すさま 出立いでた 口賢くちかしこ 南山みなみやま つかまつ 生島いくしま 生憎あいにく 甲走かんばし わず かん 白癡たわけ 余焔よえん しわ 盤木ばんぎ 何時いつ 相模さがみ なが にら とり 禿 私怨しえん はかり こも 紀州きしゅう みだ 何処どこ ほころ 老僕ろうぼく てい 肯入ききい 会津あいづ 臓腑ぞうふ しゅうと 伐株きりかぶ あお さげす 薙刀なぎなた 蟄居ちっきょ 血腥ちなまぐさ そで 襟首えりくび 伊予いよ さと 評定ひょうじょう 仕遂しと ちゅう 鎌倉かまくら