“墓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はか88.6%
おくつき1.4%
おはか1.4%
つか1.4%
ばか1.4%
ふか1.4%
ほと1.4%
1.4%
グレーヴ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、べつに、たたるものもないが、おばあさんがんだけれど、だれも、ててやるものがないということをげました。
おばあさんと黒ねこ (新字新仮名) / 小川未明(著)
の所をご存じではござんすまいか。」
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
のほとりの桜が咲いた。隠密の苦心を認める者より、慎九郎の腕前の方が、知合いの間柄ではるとされた、その噂で気をだたせていた宮内は、桜見物に出てきても、一向面白くもなかった。
討たせてやらぬ敵討 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
しさはのふかみに
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
森のかなた、君住むの頭りにや
まよわし (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
水を渡ってくる秋風も薄ら寒い。型のごとくに蘇小小の岳王、それからそれへと見物ながらに参詣して、かの楼外楼の下に画舫をつないだ頃には、空はいよいよって来た。
女侠伝 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ダイサクのに敬意を表しに行っただけなんだが、ヒデが来たヒデが来たと good know how many が大歓迎をしてモチ・ブレットやセキハン・ライスを
南部の鼻曲り (新字新仮名) / 久生十蘭(著)