“墓前”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼぜん75.0%
はかのまえ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“墓前”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 政治史・事情3.3%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
沈丁花ちんちょうげ赤椿あかつばきの枝が墓前ぼぜん竹筒たけつつや土にしてある。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
混乱こんらんした世相はここにもあらわれて、つみもなく若い生命いのちをうばわれた彼らの墓前ぼぜんに、花をまつるさえ忘れていることがわかった。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
府下における区々の警察に頼み聞えると、両国回向院えこういんのかの鼠小憎の墓前はかのまえ
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)