“墓所”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はかしょ64.5%
はか6.5%
はかどころ6.5%
はかしよ6.5%
ぼしょ6.5%
ぼしよ6.5%
はかど3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この寺の墓所に、京の友禅とか、江戸の俳優とか、墓があるよし、人伝に聞いたので、それを捜すともなしに、卵塔の中へ入った。
瓜の涙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「な、なに。御先祖の墓所へ行って割腹するつもりだと。いや、そのようなこと、わしの量見ひとつではゆるせぬ。——」迷いのうちにも、主殿は、あわててって
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わが墓所をば血ととの溝となせり、是においてか天上よりちしれる者も下界に己が心を和らぐ。 二五—二七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
て今や/\と相待ける所へ三五郎次右衞門寺社奉行郡奉行同道にて來りしかば祐然は出迎墓所へ案内するに此時三五郎は我々は野服なれば御燒香を致すはあり貴僧代香
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「できることなら、このを、もとの墓所にうずめてやりたい。」と、いった助手のねがいを、考古学者である博士は、ついにしたのでした。
うずめられた鏡 (新字新仮名) / 小川未明(著)
覺悟今更見苦しゝとますはばかりれまづえんとするもはかなし此處松澤新田先祖累代墓所樹木みを吹拂夜風いとゞ悲慘
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
夕凪はいきるる草を墓所には人来居り我が泣かむ見に
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)