“はかど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハカド
語句割合
58.6%
捗取33.1%
果取4.5%
進捗1.3%
墓所0.6%
敢果取0.6%
渉取0.6%
進行0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かりに増鏡などの日どりで行くと、一日十数里も歩いたわけになるが、とてもそんなにりえないことは常識からもいうまではない。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
棒同然な物で大海乗切るのでありますから、虫のうより遅く、そうかと思うと風の為に追返されますので、なか/\捗取りませぬ。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
午後れた所爲か、べると仕事果取つた。二人氣分飯前よりもつて縁遠くなつた。ことに天氣二人へた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
種々な困難は、、私の前に横たわっていた。一方には学校を控えていたから、思うように自分の仕事も進捗らなかった。全く教師をめて、専心従事するとしても、猶一年程はる。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
夕凪はいきるる草を墓所には人来居り我が泣かむ見に
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
夜更出立致させたるは不審き事なり何故夜明て後出立致させぬそと有りけるに長庵ばにて候私儀呉々弟に夜が明て後出立し候樣に申聞せ候へ共在所に殘し置たる妻や娘に一も早く安堵させ度は朝こそ敢果取れば最早寅刻たるゆゑ少し歩行ば夜もなんと止むるを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
お婆さんが道祖神の化身なら、この子供には、こんがら童子の憑移ったように、路も馬も渉取り、正午頃には早く所口へ着きました。可心は穴水の大庄屋、林水とか云う俳友を便って行くので。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貰つた時は、実に嬉しかつた。彼様に早く進行らうとは思はなかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)