“はこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハコ
語句割合
27.2%
22.5%
16.7%
12.7%
4.0%
3.8%
2.8%
車室1.0%
0.8%
0.8%
0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
得意0.6%
0.6%
客車0.4%
木箱0.4%
三絃0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
十八番0.2%
千両箱0.2%
0.2%
棺箱0.2%
0.2%
特得0.2%
0.2%
0.2%
藐姑0.2%
0.2%
車台0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして座敷瞽女つて三味線をすつときおろした巫女荷物脊負つて自分つた宿つてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
爐端くあとへ、へ、をならべて、幾百をなしたのが、一息に、んだのであるとふ。洒落れたもので。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
トラック三台でびつけたのだつたが、工事は中途から行き悩みで、木山が気をみ出した頃には、既に親方も姿をませてゐた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「どうして子供なんてものが生れるのかな。余計な事だと思ふんだけど。」と、青木さんはの巻煙草を取つて火をお付けになる。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
「パンドラの」という題にては、明日のこの小説の第一回に於て書き記してあるだし、此処で申上げて置きたい事は、もう何も無い。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
おん直垂のまま、鞍に錦で包んだをお置きになっているのが、天皇だとわかって、初めて警固の隊を組むような有様だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
きょうは止そう、きょうこそ通うことは止そうと、いまのいままで考えていながら身はすでに房の内に、花桐の衣裳ののかげに坐っていた。
花桐 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
いざ車室に乘り込むと、何か歌を唄いだしたんですが、それからめそめそ泣きだしちまって——いやどうも胸糞が惡くなっちまいましたよ。
再びしずしずと牛車のにはいって、そうして、牛車を戻せと低い声で命令すると、牛はやがてのそのそと動き出して、は京の方角へむかって行った。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その寺に、今から三、四代前とやらの住職が寂滅の際に、わしが死んでも五十年たったでなくては、この文庫は開けてはならない、と遺言したとか言伝えられた堅固な姫路革があった。
榎物語 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「この亀は神のごとくで、物なども食いません。これを枕ののなかに入れて置けば、うわばみの毒を避けることが出来ます」
東の国の博士たちはクリストの星の現はれたのを見、黄金や乳香没薬を宝のに入れて捧げて行つた。が、彼等は博士たちの中でもかに二人か三人だつた。
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
人びとは一緒に王母子のべた。窓の上に一つのがあった。開けて見ると庚娘の書いた物があって、しく復讎の事情を記してあった。皆庚娘を烈女として尊敬し、金を集めて葬ることにした。
庚娘 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
日本にも『書紀』二五、大化改新の際朝廷に鐘を懸け、を設け、憂え諫むる人をして表を匱にれしめ、それでも聴き採られざる時は憂訴の人、鐘をくべしと詔あり。
と、に居る者に直ぐもうお得意の押売をしようとする。
一体あんな馬鹿野郎を親方の可愛がるというがにはからわかりませぬ、仕事といえば馬鹿丁寧でびは一向つきはせず、柱一本鴫居一ツで嘘をいえばを三度もぐような緩慢な奴
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なんしろ、あんたの毎日のお客様を、それとなく拝見しているに、どうも、時間といい、客車といい、切符といい、荷札といい、どれもこれも三の字にひどく関係の深い御婦人達のように思われてね。
三の字旅行会 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
細い長い木箱が、月光で銀箔のように光っている水に浮いて、二、三度漂い廻ったが、やがて下流の方へ流れて行った。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
な事、嬉しい事、床しい事も忘れていて、お暇乞をしたあとで、何だかしきりに物たりなくって、三絃を前に、懐手で俯向いているに、やっと考え出したほどなんですもの。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大江匡。」と答えた時、巡査は手帳を出したので、「に王の字をかきます。一タビ天下ヲ匡スと論語にある字です。」
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
我らは順序を整え論理を辿りて組織的に結論に導き、彼らは前後の関係を顧慮せずして続々として真理を提示する。あたかも宝のを開きて手当り次第に宝石を取り出すが如くである。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
小翠は悲しそうな顔もせずに、平気での中からいろいろの模様を取り出してっていた。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
そのに春ちゃん——これが例のカフェ・ネオンの女給で「カフェ・ネオンの惨劇」の一花形であるわけだが——から「またオーさんのお十八番よ。そんなに心配になるんなら、岩田の京ぼんに頼んで、いっそと思いに、感電殺しを ...
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「いや、おめえには、御苦労だったが、おれが達者で出かければ、千両箱の二つは欠かすこッちゃあねえ。……江戸の御金蔵からさえ、千両箱の四つも担ぎ出した刑部だが、ああ、病気にゃてねえ」
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
水戸の神の櫛八玉の神膳夫二一となりて、天つ御饗二二獻る時に、ぎ白して、櫛八玉の神鵜にりて、の底に入りて、底のひあがり出でて二三、天の八十平瓮二四を作りて
親というものが無かったならこの時に私は、ほかの連中と一所に棺箱へ入れられて、それなりけりの千秋楽になっておりました訳で……。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あゝこれらのも富めるに——こは下界にて種をくにはしき地なりき——收めし物の豐かなることいかばかりぞや 一三〇—一三二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
俺は、それお特得の、「親々はれ、難波船出して、身を尽したる、憂きおもひ、泣いてチチチチあかしのチントン風待にテチンチンツン……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
毒薬と甘露とは其のを同じくし
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)
いつの間に入ってきたのか少年がへ新しい衣服を入れて持ってきていた。杜陽はそれを受け取って着更えをしたが、不安でたまらなかった。
陳宝祠 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
さかえ溢るる藐姑の山
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
来るも来るもが、他々しい眼つきでこの小柄な重役を見かへしながら、逃げるやうにさつさと駈けて往つた。小林氏はべそを掻き出さうとした。
彼はそれに気がついて、注意を促したので、わたしはぷいと立ち、また自分の車台へ帰りました。
れども苦海塵境を脱離して一身を挺出せんとするは、人間の道にあらず。苦海塵境に清涼の気をび入るゝにあらざれば、詩人は一の天職を帯びざる放蕩漢にして終らんのみ。
山庵雑記 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)