“十八番”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おはこ92.9%
じゅうはちばん3.6%
はこ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
思いどおりにたっぷりと中ぐしをとってしまうと、がぜん十八番の右門流が、もうその次の瞬間から、小出しにされだしたのです。
さりとていつもいつも十八番紋切形を繰返せといふにはあらず。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
そのに春ちゃん——これが例のカフェ・ネオンの女給で「カフェ・ネオンの惨劇」の一花形であるわけだが——から「またオーさんのお十八番よ。そんなに心配になるんなら、岩田の京ぼんに頼んで、いっそと思いに、感電殺しを ...
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)