“八十”の読み方と例文
読み方割合
やそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今一葉には「八十になりけるとしのはじめに」と端書して「今朝ぞ見る八十のちまたの門の松」と書し、下に「壽松」と署してある。
寿阿弥の手紙 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
即ち、一首の声調が如何にもごつごつしていて、「もののふの八十うぢがはの網代木に」というような伸々した調子には行かない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
八十といふのは、ひょっとすると、土地名前で、野洲川川口をいつたのかもれません。さうすると、意味が、しぜんつてます。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)