“八十氏川”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やそうじがわ75.0%
やそうぢがは25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「もののふの八十氏川網代木に」の歌に、名所の特色を現さずといふ事につきて、人弁じて曰く、網代は宇治田上に限りたる者なれば特色なきに非ずと
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「もののふの八十氏川網代木にいざよふ波のゆくへ知らずも」の歌を前に八田などの歌と共に挙げてかにかくとひしかば、八田などの歌と同じさまにりたりと思はれたるにや
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)