“網代木”の読み方と例文
読み方割合
あじろぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
即ち、一首の声調が如何にもごつごつしていて、「もののふの八十うぢがはの網代木に」というような伸々した調子には行かない。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
その流れを堰く網代木のように女の腕一つで見事自分の糊口をしてみようという意地も張りも逆立って参ります。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「もののふの八十氏川網代木に」の歌に、名所の特色を現さずといふ事につきて、人弁じて曰く、網代は宇治田上に限りたる者なれば特色なきに非ずと
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)