“網代人”の読み方と例文
読み方割合
あじろびと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお此歌の処に、「宇治河は淀瀬無からし網代人舟呼ばふ声をちこち聞ゆ」(巻七・一一三五)、「千早人宇治川浪を清みかもく人の立ちにする」(同・一一三九)等の歌もある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)