“網代戸”の読み方と例文
読み方割合
あじろど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが、すでにその寸前、街道わきの緑蔭静かな一の垣の網代戸から、さッと走り出てきた田鶴のごとき人品のひとがある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
表二階の欄干を小さなに半ば覗かせて、引込んだ敷石に、いま打った水らしい、流れるばかり網代戸を左右に開いた、つい道端の戸口に、色白な娘が一人
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)