“緋網代”の読み方と例文
読み方割合
ひあじろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
巳刻の太鼓を相待處へ先箱天鵞絨袋入の立傘等を持ち緋網代乘物にて可睡齋城門へ乘込來るゆゑ門番人下座を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)