“緋縮緬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひぢりめん95.1%
ひじりめん2.5%
ひちりめん2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其後から十七八とも思われる娘が、髪は文金高髷い、着物は秋草色染振袖に、緋縮緬長襦袢繻子の帯をしどけなく結び
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
なまめかしい緋縮緬のしごきでくるくるとわえてある二人の死体を、漸く船の上に引揚げながら、何ごころなく灯りの下へ持ち運ぼうとした刹那! パッとその船龕燈の灯りが消えました。
十八娘の美しさが、恐怖と激情に薫蒸して、店中に匂ふやうな艶めかしさ。鹿の子絞り帶も、緋縮緬襦袢も亂れて、中年男のセピア色の腕にムズと抱へられます。