“黒縮緬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろちりめん95.2%
くろ2.4%
くろぢりめん2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒縮緬の羽織に、利休茶のやわらか着衣、けばけばしく金のかかった帯や持物を身につけて、ぞろりと、納まり返っているではないか。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あたかもその時帳場の横で黒縮緬羽織、鳩鼠色の紐を結んで居たのは小歌で、貞之進は何か云いたかったが云う折でもなく、又云うことも出来ぬのでそのまゝ下足番の所へ行った。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
界隈の小待合より溝板づたひに女中の呼びに来るを待ち、女ども束髪に黒縮緬羽織、また丸髷に大嶋の小袖といふやうな風俗にて座敷へ行く。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)