“丸髷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まるまげ96.4%
まげ3.0%
まるわげ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丸髷に結ったり教師らしい地味な束髪に上げたりしている四人の学校友だちも、今は葉子とはかけ隔たった境界の言葉づかいをして
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
上州伊香保千明の三階の障子開きて、夕景色をながむる婦人。年は十八九。品よき丸髷に結いて、草色のつけし小紋縮緬被布を着たり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
て島田なり、丸髷なり、よきに従ひて出来あがれば起ちて、まづ、湯具をふ、これを二布といひ脚布といひ女の言葉に湯もじといふ、但し湯巻ずべからず、湯巻は別に其ものあるなり。
当世女装一斑 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)