“丸髷姿”の読み方と例文
読み方割合
まるまげすがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その桃割姿を丸髷姿にして、楽しく暮したその生活がどうしてこういう荒涼たる生活に変って、どうしてこういう新しい恋を感ずるようになったか。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
不意に隔てのをあけて、スラリとそこへ立っているのは、今日は姥桜に水の滴るような丸髷姿のお絹でありました。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
お三輪ももううつくしい丸髷姿のよく似合うような人だ。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)