蒲団ふとん
小石川の切支丹坂から極楽水に出る道のだらだら坂を下りようとして渠は考えた。「これで自分と彼女との関係は一段落を告げた。三十六にもなって、子供も三人あって、あんなことを考えたかと思うと、馬鹿々々しくなる。けれど……けれど……本当にこれが事実だ …
作品に特徴的な語句
以前さっき いじ ならい こぼ むず ふる いえ そり はた 旅館はたごや 塵埃ちり すぐ おとの ひやや 丈夫じょうふ 音信おとず 今回こんど 邂逅でっくわ だん しりぞ せい いず あで 黄葉もみじ 旨味おいし あたたか たく かたち まさ あまん つかまつり よそ おく つらな たくましゅ とどろき かたづ 悔恨くやみ 簇々むらむら 慰藉なぐさみ なまめ ゆっ えにし おなか ステッキ きわ 此方こっち ざき あきら きたな むかし おやじ じょう きび せい あぶ 攪乱かきみだ とど つもり 空翠みどり きょう 紅葉こうよう はず 顔色かおつき 陰陽かげひなた かさな おも 邂逅であ 平生ふだん 遭遇でっくわ 大勢たいせい 低頭うつむ いな 頑固かたくな かろ 存候ぞんじそうろう 宿とま さが 一隅かたすみ いっ 光芒ひかり なま 尋常よのつね 鳴音なきごえ 寂寥さびしさ もだえ あるい たび 巴渦うず ひそ
題名が同じ作品
蒲団 (新字新仮名)橘外男 (著)