“丈夫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じょうぶ32.3%
ますらを19.8%
ぢやうぶ10.4%
ますらお7.3%
じょうふ6.3%
おとこ5.2%
じようぶ3.1%
たっしゃ3.1%
ぢやうふ2.1%
をとこ2.1%
かた1.0%
じやうぶ1.0%
じょぶ1.0%
じようふ1.0%
ちやうぶ1.0%
ひと1.0%
ジョウブ1.0%
マスラヲ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こういいした言葉れずにいました。それで万一されない用心に、丈夫の中にれて、
羅生門 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
アルミダはタツソオが詩中の妖艷なる王女なり。基督教徒を惑はし、丈夫リナルドオをアンチオヒアの園に誘ひて、酒色に溺れしむ。
きました、んなお丈夫さまなおうして御死去りになつたかとつて、宿しうしました、力落しで……。
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
虚飾をはぎとったのだ。本然の姿に戻ったのだ。剣刀身にうる丈夫のいでたちとはこれだ! あはははは。どうだ!
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
丈夫ふたたび辱めらるるあたわずと答えた。その言葉がひどく元気のなかったのは、衛律に聞こえることをれたためではない。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
◯次に「汝腰ひきからげて丈夫の如くせよ、我れ汝に問わん、汝われに答えよ」とありて次に左の如く言う。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
かういふ種類建物設計施工によつて地震められる模樣るけれども、くの場合地上階比較的丈夫出來てゐるため被害
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
文科の乙二年生だということでしたが、お父さんはお丈夫か? お母さんもお変りはないかなぞと父母も珍しがって歓待に努めました。
棚田裁判長の怪死 (新字新仮名) / 橘外男(著)
め千辛萬苦して首尾能兄の敵を討し段に女丈夫共云べし又友次郎事も花を助け敵をせし段信義するに餘り有依て父佐太夫に申勘當を免させ今より花と夫婦になり松田の家を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
丈夫に意見をさせる為めには、仮令乞食になるともはぬと言ふ御覚悟でせう、は花の様に御美しう御座いましたが、心の雄々しくらしつたことはても男だつて及びませんでしたよ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
左様ぢや無い、私はに身も心も献げた丈夫るのです、けれど篠田さん——貴方は少しも私の心
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
突然ちやんは、全然丈夫硝子出來さな三洋卓ました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
そんなら石でかけ、そりゃ丈夫だ。
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)
往々悲歌して流涕す、君山剗却して湘水平に桂樹砍却して月ならんを、丈夫志有りて……
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
群集時分見計らつてはぐら/\とさうとした。丈夫はまだ火勢があたりをざけて確乎つてた。村落人々漸次つた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
僕は貴嬢の理想の丈夫を知つて居ます、貴嬢の理想の丈夫はち僕の崇拝して居る所の丈夫です、僕は実に嬉しくてまらんのです、——僕が此の父の罪悪の家に在りながら
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
四、寝台。木ヲ組合ワセテ作リタル丈夫ナルモノ。台ノ内側又ハ蒲団綿ノ中に、朱筆ヲ以テ6033ト記シタル唐紙片ヲ発見セラルベシ。
丈夫も、人にことなるこゝろもたねば﹆
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)