“嚥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
98.0%
さぞ1.0%
0.5%
のみ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よした方がいい——と云おうとして杜はそれが多勢の生徒の前であることに気づき、出かかった言葉をグッとのどの奥にみこんだ。
棺桶の花嫁 (新字新仮名) / 海野十三(著)
きました、んなお丈夫さまなおうして御死去りになつたかとつて、宿しうしました、力落しで……。
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
私は、喉に唾液をみながら、御手洗邸の玄関へ駆け込んだのである。このたびの羮も、往年の味に少しの変わりもない。美漿融然として舌端にけ、胃に降ってゆく感覚は、これを何に例えよう。
すっぽん (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
「話はだいたい込んだが、十年前にさる人に、だけじゃ、どうも困る。どういう経緯で、誰にやった手紙なのか、話していただくわけにはゆきませんか」
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)