平賀源内捕物帳ひらがげんないとりものちょう萩寺の女はぎでらのおんな
十六日の朝景色 薄い靄の中に、応挙風の朱盆のような旭がのぼり、いかにもお正月らしいのどかな朝ぼらけ。 出尻伝兵衛、またの名を「チャリ敵」の伝兵衛ともいう、神田鍋町の御用聞。 正月の十六日は、俗にいう閻魔の斎日。 商売柄、閻魔参りなどに行く義 …
作品に特徴的な語句
いた スネエウ 前兆まえぶれ ぱや 大分ヒール 無情すげ 後退うしろさが おり つい 若干いくばく から むすび みね しも 先刻さきほど 動機はずみ 寝転ねころが うっ かけり ぴき がたき 隕石アエロリトス 関係かかりあ ちがい たつ 呪言のろい のみ えい あが あい しろ 人集ひとよ たなごころ 流星ながれぼし 草鞋わらんじ おち 歩板あゆび むこう ぱら つう ゆび おろか おか かみ とんび よし もう 今朝こんちょう 仮病にせやまい わたし 石塊いしくれ 何故なにゆえ つら 臂力びりょく 草書くさが 門扉とびら にべ 半時はんどき むか かよ 蒸籠せいろ すか 逆上のぼせ 憧憬あこがれ りん 夏期なつば ごう 贔屓びいき とま だれ 妬心ねたみごころ 宙乗ちゅうのり 見上みあげ 寝惚ねぼけ 縮尻しくじ のち いた 目明めあか ふく 腰元こしもと すね 知盛とももり 穿 空耳そらみみ 秩父ちちぶ やしろ くだ 相輪そうりん ろう 相応ふさわ 窮命きゅうめい
題名が同じ作品
平賀源内捕物帳:山王祭の大像 (新字新仮名)久生十蘭 (著)
平賀源内捕物帳:長崎ものがたり (新字新仮名)久生十蘭 (著)