平賀源内捕物帳ひらがげんないとりものちょう山王祭の大像さんのうさいのおおぞう
普賢菩薩のお白象 チャッチャッチキチ、チャッチキチ、 ヒイヤラヒイヤラ、テテドンドン…… 「夏祭だ」 「夏祭だ」 「天下祭でい」 「御用祭だ」 「練って来た、練って来た。あれが名代の諫鼓鶏……」 「お …
作品に特徴的な語句
矢庭やにわ 恰幅かっぷく 祇園ぎおん 結城ゆうき 撞木しゅもく 権柄けんぺい 鳶口とびぐち 尾鰭おひれ なし 追々おいおい 山車だし 紅蓮ぐれん 元和げんな 時刻とき 丑満うしみつ 曲輪くるわ 海鼠なまこ 足掻あが 身顫みぶる 指頭しとう のき 供奉ぐぶ 薬鑵やかん 桐油とうゆ 龕燈がんどう みね 化物ばけもの 胡弓こきゅう 佃島つくだじま 経師屋きょうじや 面妖めんよう しぶ 蓬々ぼうぼう 三進さっち ねり 長柄ながえ 祭礼まつり 近江屋おうみや 双手もろて 根方ねかた 一伍一什いちぶしじゅう 矢来やらい 水車みずぐるま 依怙贔屓えこひいき 享保きょうほう 歯軋はぎし 金壺眼かなつぼまなこ 蛍火ほたるび 大凡おおよそ さいわ 軽率かるはずみ 白々しらじら 二進にっち けい いなせ 北叟笑ほくそえ 作物つくりもの 実体じってい 火口ほぐち 眼眸まなざし 後脚うしろあし 産土神うぶすながみ 木屑きくず 小網町こあみちょう 神馬しんば 天網恢々てんもうかいかい 朱房しゅぶさ 鳴海絞なるみしぼ ほう 享和きょうわ 方図ほうず 漁夫りょうし 嵌込はめこ 武家ぶけ 獅子頭ししがしら 外側そと 知死期ちしご 腑分ふわけ 暑気しょき 御寮人ごりょうじん 渡御とぎょ 花笠はながさ 駿河町するがちょう 鮨詰すしづ 手古舞てこまい 宝珠ほうじゅ 御役おやく 捩向ねじむ 推察みこみ 鬘下地かつらしたじ 古金こきん 旧弊きゅうへい 大経師だいきょうじ 草相撲くさずもう 雲龍うんりゅう 身性みじょう ことき 大鋸おおのこぎり 南伝馬町みなみでんまちょう
題名が同じ作品
平賀源内捕物帳:長崎ものがたり (新字新仮名)久生十蘭 (著)
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名)久生十蘭 (著)