“紅蓮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐれん95.1%
こうれん3.3%
べにはす1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
グズグズしている間には穴蔵のものが、紅蓮の舌さきに焼き殺されてしまう。鏡の口が開いたので、火の早さは一になるであろう。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紅蓮一茎白蓮華の咲いた枯田のへりに、何の草か、幻の露の秋草のを前にして、崖の大巌に抱かれたように、巌窟ったように、悄乎と一人、淡くんだを見ました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
紅蓮の花船ひとつ歌のせて君ある島へ夕ながさむ
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)