“紅蓮洞”の読み方と例文
読み方割合
ぐれんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女が大層他人当りがよくなったという事を聴いたのもかなり前のことで、抱月氏のお通夜の晩に、坂本紅蓮洞の背中を、立ったままで突つくものがある。
松井須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
時折来訪される人で、あなたをよく知らないで嫌いだといって、あなたの事といえばよく聞きもしないで悪くキメつけるおさんが御座います、紅蓮洞という人です。
平塚明子(らいてう) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
紅蓮洞の名は名物とされているが、狷介不羈、世をねたぐれさん以前にも、新派劇、女優劇と、何処の芝居の楽屋にも姿を現す、後日の素質は含蓄されていたものと見えて
竹本綾之助 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)