“紅蓮大紅蓮”の読み方と例文
読み方割合
ぐれんだいぐれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは一帖の屏風の片隅へ、小さく十王を始め眷屬たちの姿を描いて、あとは一面に紅蓮大紅蓮の猛火が、劍山刀樹も爛れるかと思ふ程渦を卷いて居りました。
地獄変 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)