甲乙きのえきのと
先刻は、小さな女中の案内で、雨の晴間を宿の畑へ、家内と葱を抜きに行った。……料理番に頼んで、晩にはこれで味噌汁を拵えて貰うつもりである。生玉子を割って、且つは吸ものにし、且つはおじやと言う、上等のライスカレエを手鍋で拵える。……腹ぐあいの悪 …
作品に特徴的な語句
やわらこ はだ かよい 退ずさ 可憐あわれ わたい おとっ びと いい だい あつら このみ さもし だち おっか たん うっか うっす うち すずし 奇異みょう きまり うなずき うう 仰向あおの いえ 翌朝あす さが ひと あかり いっ さみ 一体ひとつ かが 真実まったく はい 退すさ しな にじ きり あきらか つつ 肥満でっぷり 相対さしむか いぬい たすか かぶり ちっ あやぶ おっ 巌窟いわむろ きもの いわん とおり ほっそ 矢張やっぱ 蓮田はすた またたき つか 当初はな がち 翌日あした 温和おだやか 彼家あのいえ おつ 向合むかいあい 敏捷すばや 悚然ぞっと 一々ひとつびとつ よそ わざ おおき 桟道さんばし 真個まったく あが 接吻キッス 如何いかが おこ 一茎ひとえだ 此方こっち こまか ばばあ なまめ うっす あつらえ おし くるし ステッキ とお 可恐こわ とま 可哀あわれ 一斉いちどき 逡巡しりごみ ころが あらた