“鬱金色”の読み方と例文
読み方割合
うこんいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そうかねえ……」と、自分は彼女のニコニコした顔とい模様や鬱金色の小ぎれと見べて、ったい気持を感じさせられた。
死児を産む (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
「そればかりじゃありません。この二三日、鬱金色扱帯だの、鹿子絞りの下締だの、変なものが百本杭や永代へ流れ着くそうですよ」
日の当る砂丘の蔭に浜防風が鬱金色の芽を出していた。娘は細い指先でそれを摘まみ集めながら私にいった。
健康三題 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)