“鶯茶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うぐいすちゃ92.3%
うぐひすちや7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして自ら先に、黒頭巾を脱ぎすて黒衣を解いて振り落とすと、下は常着のおはぐろ鶯茶博多かなんぞと見られる平帯。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一等室の鶯茶がかった腰掛と、同じ色の窓帷と、そうしてその間に居睡りをしている、山のような白頭の肥大漢と、——ああその堂々たる相貌に
西郷隆盛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
鶯茶に、僅かばかりの紅をあしらつた、年増向の洒落た扱帶で、鐵砲風呂の炭に汚れては居りますが、扱帶の中程がひどく損んでゐるのは、首に卷いた細引に絞められたためでもあるでせう。