“鶯渓”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うぐいすだに100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鶯渓”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 演劇 > 演劇史 各国の演劇1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その女はある顕官の外妾がいしょうで、川上はその女を、上野鶯渓うぐいすだにの塩原温泉に忍ばせてあるという事までが知れた。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
先生と私とは博物館の裏から鶯渓うぐいすだにの方角に静かな歩調で歩いて行った。垣の隙間すきまから広い庭の一部に茂る熊笹くまざさ幽邃ゆうすいに見えた。
こころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)