“鶯色”の読み方と例文
読み方割合
うぐいすいろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鶯色のコートに、お定りの襟巻をして、真赤なハンドバッグをクリーム色の手袋のった優雅な両手でジッと押さえていた。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
鶯色のリボン、繻珍鼻緒、おろし立ての白足袋、それを見ると、もうその胸はなんとなくときめいて、そのくせどうのこうのと言うのでもないが、ただしく、そわそわして
少女病 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
でも鶯色のドレスが美しい身体によく似合って、輝くばかりの美貌は人目をかないではいなかったし、兄の守も、同じ血筋の美青年で、金釦の制服姿も意気に見えたのに比べて、殿村京子だけは
妖虫 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)