“鼻緒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなお73.7%
はなを26.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんとなく、がふらつくところへもってきて、庭下駄の鼻緒がうまく足の指にはさまらないので、キャラコさんは時々よろめく。
キャラコさん:06 ぬすびと (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
少年は、おじいさんのげたの鼻緒をたてていますと、あごひげのいおじいさんは、つえによりかかってあたりをまわしていましたが
石をのせた車 (新字新仮名) / 小川未明(著)
も、店へ置いて、女達が皆んなで履くから、齒は摺りつてゐるし、鼻緒くなつて、誰でも突つかけられないことはありません」
午餐勘次つて、口中粗剛飯粒みながらつた與吉鼻緒んだ下駄をから/\ときずつて學校からつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)