“鉄火”のいろいろな読み方と例文
旧字:鐵火
読み方割合
てっか81.8%
てつか9.1%
てつくわ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仁義も切れれば、鉄火なタンカを切るのも身に付き、やくざ世界の若い姐御としての素質を備えたのに、今、それを捨て去る気はない。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
それに私なんかう見えても温順しいんだから、鉄火な真似なんかも柄にないの。ほんとうに温順しい花魁だつて、みんながう言ふわよ。
或売笑婦の話 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
木山は口の鉄火になつて来る晴代に疳癪を起して、いきなり手を振りあげた。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)