のらもの
「月魄」といふ関西の酒造家の出してゐるカフヱの入口へ来た時、晴代は今更らさうした慣れない職業戦線に立つことに、ちよつと気怯れがした。その頃銀座には関西の思ひ切つて悪どい趣味の大規模のカフヱが幾つも進出してゐた。女給の中にはスタア級の映画女優 …
作品に特徴的な語句
ぴつた かをる やゝ ひや がひ なか かたは かへ そばだて どつち はあ うらゝ しき はづ には かぶ 刺繍ししう 空虚からつぽ そゝ つゐ あく 饗応ふるま にはか たましひ 切端せつぱ ほん やつ いつ 此方こつち 慌忙あわたゞ はふ 亀裂ひゞ 顰蹙ひんしゆく 住替すみかへ 阿母おつか 鉄火てつくわ 造作ざうさ 蒼白あをじろ 落胆がつかり 翫弄おもちや 羅紗らしや 直接ぢか みん はず ひど しに かう ことわ 微笑ほゝゑ つかま しよ 悉皆すつかり まづ 一直いちなほ 馴染なじ 香奠かうでん 頑張ぐわんば 雑炊ざふすゐ ひま 逼塞ひつそく 連中れんぢゆう から なじ あはせ 衣裳いしやう 芳町よしちやう 肌触はだざは うかゞ 相撲すまふ 疳癪かんしやく 疳性かんしやう 田舎ゐなか やうや たゞよ 汚涜をどく 気勢けはひ きま しば のん かな 所詮しよせん なつ 塩瀬しほぜ 性急せつかち ぐち 大凡おほよそ かへ 到頭たうとう まう 垂下ぶらさが うはさ まか 屹度きつと 兜町かぶとちやう